岡山 某所 メンズエステ

ご無沙汰しております。
東横支部のBです。

ずいぶんと更新しておらず、申し訳ございません。

一時期は、もうジーマサなんていいや、と思ったこともありました。
間が空きすぎて、あのトキメキを忘れてしまった。
こうやって卒業していくんだな…と思いました。


ただ、少し前にはなりますが、友人と久しぶりにメンズエステに行く機会がありました。
はじめはそこまで乗り気ではなかったですが、今回はその時のレポートとなります。


岡山 某所 メンズエステ
ジャンル:メンズエステ
接茶:緑茶(事後)
嬢の名前・年齢:不明・30代中盤〜
コース:40分6,000円
愛嬌:16点/20点
寛容度:18点/20点
マッサージ:6点/20点
ジーマサ:16点/20点
コスパ:16点/20点
総合:72点/100点



出張のため岡山県に上陸。
マンションタイプの店舗へお邪魔した。

出迎えてくれたのは、小柄で人妻感あふれる、優しそうな30代女性。
マスクをしているため詳細はわからないが、容姿はそれなりか。

特に予定もなかったので、一番匂いの強いオイルでまずはうつ伏せマッサージ。
楽しくお話していただいたが、マッサージはなでるだけで気持ちよくない。
キワキワは少なく、四つん這いもないため、これはハズレかと思った。

しかし仰向けコールから状況は一変。

「もう脱がせてもいい?」

そう言うと、スカスカトランクスタイプのパンティを手際良くはがしてくれる。
そこからは横に来て、なんと密着添い寝スタイルでシェイクシェイクブギーな胸騒ぎ。

これはたまらない。

お触りにも寛容的で、ジーマサ面は大満足だ。

我慢ならず、発射準備は整い、場外ホームランを放った。
あまりの飛距離に驚きつつも笑ってくれた。


シャワーを浴びて緑茶をいただき、時間のため部屋を去る。


久しぶりのジーマサを経験し、改めてジーマサの良さを確認できた。


私たちに優しく寄り添ってくれて、気づけば汁まみれになるような、癒しの時間。


ジーマサは、これからもやめられない。


スポンサーサイト
[PR]

岡山 某所 チャイエス

岡山 某所
ジャンル:チャイナエステ
接茶:麦茶
嬢の名前・年齢:不明・40代
コース:40分4000円(お試しコース)
愛嬌:14点/20点
寛容度:?点/20点
マッサージ:17点/20点
ジーマサ:?点/20点
コスパ:16点/20点
総合:47点/60点




こんにちは、阪奈支部のSです。
好きな女性のタイプはコスプレイヤーのえなこです。
自分は女性にサービスを受けるお店に行く際には女性のルックスとコスパを重視しています。


自分は日本人のメンエスを専門としており、仲間のMr.K達には日本人メンエス店を紹介したりなどしてきました。その点で他の仲間たちとは毛色が違うかと思います。
チャイエスに関してはまだまだ初心者ですが、他の風俗とは違うドキドキ感に特別なものを感じています。
今後Mr.K達に教えてもらいながら切磋琢磨していきたいです。

今後チャイエス以外の形態のお店についても書いていけたらと思っています。


今回は就活で訪れた岡山県でのチャイエスの体験記になります。


その日私は一日中就活の職場見学で歩き回り、下半身の疲れが限界になっていました。
どうしてもマッサージが受けたい。いやらしい気持ち抜きでそう思いました。


駅前に降り立った私は、何軒かジーマサ店が存在しているところに足を運びました。
しかしどの店に入ればよいかわからない。

Mr.Kをはじめとするジーマサ上級者が集ったこのブログ執筆者達とのグループラインがあるのですが、
そこで店選びのコツを聞いてみました。

「とりあえず店に入ってみろ。それから決めたらいい」
そう教えてもらいました。

それを聞いて意を決し、店に入店しました。

お店で、カタコトの日本語でコースの説明を受けます。
「いやらしいやつ(ジーマサ)はあるの?」とニヤニヤしながら聞くことも忘れませんでした。
ないデス と言われる店や、具体的な値段を言ってくるお店など様々でした。

一通り説明を受け、「ありがとう、ちょっと考えます」と言って次の店へ

なかなかここだ!というお店に出会えません。

"良い店に出会うには足を使うしかない"というMr.Kの教えに従いました。

しかし自分の疲れが限界となってしまい、最初に路上で声をかけられた"マッサージ、ジョウズダヨー"と言っていたお店でマッサージを受けることとしました。

ジーマサ嬢は若干タイっぽいルックスの高身長な推定40代のおばちゃん。
出身を聞いてみるとタイワンとのことでした。
ジーマサは果たしてあるのか。なくてもいい。気持ちのいいマッサージで疲れを吹き飛ばして欲しい。そんな気持ちでマッサージに臨みました。

パンツ一丁になってうつ伏せにベットに寝かされ、マッサージを受けます。
指圧がしっかりしていて疲れた体によく刺さる刺さる。
マッサージジョウズダヨーの言葉に偽りはありませんでした。

ああ、この店でよかったな...そう思いました。
そして心地よいマッサージを受けながらいつの間にか自分は眠りに落ちていました。
ふと起きたときにはマッサージも終盤。
施術時間の半分以上、眠っていたかと思います。

"アオムケ、クダサイ"
その呪文と共に仰向けマッサージスタート。

来るか、ジーマサが。そう思うと同時に襲ってきたのはやはり眠気。

そしてほどなくくるおばちゃんからの「6000円で、ドウ??」
手のやらしいジェスチャーとともにジーマサの誘いが。

しかし自分はコンディションの悪さゆえ、ジーマサに対する気持ちが作りきれませんでした。

しかしながらジーマサはないよりはあったほうがいいもの。
自分は値段を極限まで下げることができたらジーマサをお願いしようと思いました。
疲れ切った中でも自分の中にまだスケベ心があったことにささやかな喜びを覚えました。


「お金ないんだよな〜」

「じゃア、4000円は?」

「うーん、ちょっと高いかな」

「じゃア、3000円」

「うーん....」

「ワカッタ、じゃアもうこれでオワリネ」

おばちゃんは嫌な顔せず、最後まで対応してくれました。


そうしてマッサージは全行程を終了しました。
本来の目的を完遂したにも関わらず心の中に残ったわだかまりを感じました。

疲れを取れたらジーマサはなくてもいい、そう思って望んだにも関わらず自分は満足していない。半額まで値下げを許してくれたのにそれに応じなかった自分。

何円まで値下げできたらジーマサに踏み切ったのか、今となってはわかりませんが、もしかしたら2000円だったらジーマサをお願いしたかもしれません。

そんな卑しくもスケベな自分をとても情けなく思いました。

そんな自分に感じよく接してくれたおばちゃんとは、通常マッサージを通しても信頼関係が生まれました。

もし機会がまたあれば、今度はベストのコンディションであのオバちゃんと向き合いたい。
そう思いながら駅前を後にしました。

今後もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。
よりよいジーマサを求めて。
阪奈支部S

【番外編】台湾 素人 家族旅行

お久しぶりです。Kです。
仕事も最近忙しくなってきてなかなか更新できておらず申し訳ないです。

この記事は過去2回あと記事の更新を押すだけというところで全部データが飛んだ話になります。
次飛んだらもう書きません。

大学生の時の話です。
家族で海外旅行に行けるのも大学生の時くらいだろうということで急遽、家族で台湾へ海外旅行に行くことになりました。
友人との海外旅行であれば、エロスポット付近に宿を取るのですが海外旅行となるとそうはいきません。今回はおいしいご飯と美しい景色が見れればそれでいいと思い、エロに関しては目を瞑ることにしました。

しかし、やはりどうしても諦められません。台湾に行く直前までジーマサを探したり風俗を探したりしていました。ネットサーフィンと同時に当時私がこよなく愛していた暇チャットという出会わない系アプリを謳っているアプリをしていました。ちなみにめちゃめちゃ出会えます。
このアプリは一言の中に大体「大阪 大学生」のように記述をすることで近辺の人をサーチすることができます。当然、みんなで会おうとしているので地域名が入っていない一言は無視をします。
色々と一言を見ている中で「台湾 日本語話せます」という書き込みを見つけました。

一瞬で頭の中で方程式ができました。
よし、この子に台湾で会おう。と。

こういったアプリは一言目が非常に重要です。
いかに面白いと思われるか、いかに返信したくなるかを必死に考えていました。
結論からいうと、その台湾人に「今度台湾行きますよ笑」といういちばん気持ち悪い文章を送ってしまいました。
日本人相手ならまず無視されるでしょう。
しかしなんとその台湾の天使は返信してくれたのです。その時、台湾出発まで1週間前です。

1週間前というのがちょうどよかったのでしょう。
LINEも交換して旅行の最中にデートの約束を取り付けることができました。

あとは、家族旅行中にどう抜け出すかです。
考えても仕方がなかったので当日の成り行きに任せることにしました。

いよいよ当日。デートの時間が近づいてきます。
幸いにも弟と2人部屋だったために、弟さえ欺けば抜け出すことができます。
私が下した結論は「ちょっと3時間くらい散歩行ってくる」という苦し紛れの言い訳でした。
弟には「絶対に風俗行きたいだけやろ」と思われていたことでしょう。

でも、それでもいいのです。
なんとかホテルから抜け出すことに成功したわたしは電車で待ち合わせの夜市に向かいます。

いざ、対面。
待ち合わせに現れた子は写真通りのとても可愛らしい女の子でした。
ラインではものすごく流暢な日本語でしたが、やはり話す聞くは難しいそう。ほとんど会話になりませんでした笑

身振り手振りやわたしの日本語を真似してケタケタ笑っていたり、日本語は通じない割にとても楽しい時間を過ごすことができました。
夜市でかき氷やフルーツ飴を食べたあと、バーに行きました。

バーに行くとやはり雰囲気のせいかお互いの距離が近くなります。
ジャンケンして負けたらほっぺをつねられるブルドッグというゲームをしたり、一緒に写真を撮ったり、手を握ったり。高校生のピュアな恋愛をしているようでした。

しかし、イチャイチャしていると時間ははやいもので終電の時間です。
出ようかといって電車に乗り込みます。

心なしか寂しそうな彼女。
友人との旅行であれば確実に朝まで過ごしていたでしょう。しかしそこは家族旅行とのジレンマ。
次の日も朝6時起きでバスに乗らなければなりません。。。

泣く泣く帰ることを選択したわたしと途中まではその子も同じ電車でした。
いよいよ、その子の降りる駅が近づいてきます。

今日は楽しかったありがとうとわたしが日本語でいうとその子はほっぺを膨らましながらわたしの頬をつねってそのまま電車を出て行き、扉の外から手を振ってくれました。

あのつねりはどういう意味だったのでしょうか。
意気地なし。そんなところでしょう。

言い訳を並べればいくらでも出てきますがあの時はあの子と一晩過ごしたかったなぁ。

ちなみに部屋に帰ると弟から「おめぇ、なんしよったんなら」と怒号を浴びせられながらその日は就寝しました。

おしまい

【番外編】東京 世田谷 キャバレー 回想

こんばんは、東横支部のBです。

前回更新から時間が空いてしまいました。
コロナ禍ということもあり、我々運営陣もなかなかネタを作れずにおります・・・

このブログが、みなさんの暇な時間のお供になれたらいいなあと考えておりますので、コメント等ご支援いただければ幸いです。


さて、今回は以前記載した【番外編】について、ただただ今思うことを書いていきます。
そのブログはこちら↓

https://chinamassage.blog.fc2.com/blog-entry-30.html?sp



今回は、私の独り言だと思って、軽く読み流してもらえたら嬉しいです。



今日の1日の流れは、7時起床、そこから散歩・食料調達、部屋の掃除、水回りの掃除をして午前終了。
午後は少し仕事をしたりだらだらと過ごして、
夜は吉沢明歩さんのyoutube生配信を見ながらハイボールを飲んでおりました。

私は恵比寿マスカッツ世代ですので、当時特に推していた吉沢明歩さん。
いつのまにか人妻・熟女役もやるようになり、惜しまれつつ引退されましたが、今でも憧れの存在だ。


その生配信で、視聴者の恋愛相談のタイミングがあった。
いろんな人がいるなあ、と思いながらふと部屋を見渡すと、とあるお酒が目に入る。


このお酒は、【番外編】で記載したキャバレーが旅行に行ったときお土産で買ってきてくれたものである。

1年ほど前にもらったものだが、いまだに開けられずにいる。
しかも、あまり目につかない部屋の隅っこに置いている。


なんだか、このお酒を飲んでしまうと、キャバレーともう絶対に会えない、完全に失ってしまう気がするのだ。

別に関係ないはずだが、いや、こんなお酒を飲んでも飲まなくても、あのとはこの先も会うことはないだろう。

でもなぜか、僅かな希望の光を失いたくない、そう自分に言い聞かせて、このお酒はずっとキープしてしまっているのだ。




ちょうど数日前、LINEのタイムラインにふと流れてきた。
そのがプロフィール画像を設定した、というささいなものだが、久しぶりに見た彼女はなんだか変わってしまっている気がする。



髪型はショートカットに変わり、少し痩せた気がする。
服装も、少し大人っぽくなったかな。

写真の雰囲気は、なんだか楽しそう。
私が悲しい思いをさせてしまってから1年近くたつが、いまは楽しく過ごせてるのかな?
悩みなく順調な日々を送ってるかな?

新しい彼氏ができて、幸せなのかな?



ちょっとした出来事だが、いろんなことを考えてしまう。

あの頃から彼女は成長していると思うが、変われていないのは私だけなのかもしれない。



こんなことがに伝わることもないし、彼女はもう私のことなんて忘れてしまっているかもしれない。


あの頃、ちゃんと彼女と向き合っていれば・・・
後悔がよみがえってくる。



天真爛漫で、いつもふざけて笑わせてくれて、私のボケにも笑って返してくれて。
今思うと、結婚するならこんな子がいいな、という理想のタイプだった。


一時的な感情は、後に大きな後悔を生む。


この私の経験を踏まえて、みなさんもと向き合ってみてほしい。

それでうまくいったなら、私は幸せだ。



以上、今回はただの私の独り言でした。


幸せになってくれよ。

岡山 某所 メンエス 後編


東横支部のBです。

一つ前の記事に続き、後編となります。
こちらで本件は完結となります。最後までお付き合いいただいたみなさん、ありがとうございます。

前編ではとある嬢(○瀬)との出会いについて。
中編では2度目の出会いについて。
後編ではその後の進展についてとなります。



インスタを交換してから数ヶ月やりとりの後、東京で会うことになった。
私は東京・神奈川を拠点に活動しているため、こちらまで来てくれる形となった。

メンズエステ嬢とプライベートで接触するのは私にとって初めてのことだったので、緊張していた。


”なぜ、私に会うために東京まで1泊2日で来てくれるのか??”
”何かの予定のついでなのだろうか?”

何もかもわからないが、ホテルをとって宿泊のうえ、2日間一緒に過ごすことになった。
さすがに一緒に泊まることはないと思い、その辺については触れずにいた。


東京に来る予定日までは1ヶ月程度あり、その間にLINEを交換して毎日のように連絡をとっていた。
その間にも嬢はLINEでグイグイアピールしてくる。

「○○くんのこともっと知りたい」
「早くデートしたいな」といったことに加え、
やや遠回しに好きだよという旨のことも言ってくれた。
正直、勢いにやや圧倒されてしまっていたが、もちろん悪い気はしない。


さらになんと、東京での宿泊についても、「よかったら一緒に泊まろう」というのだ。

”もしよければお願いします”と伝えた。
いやらしい話などは一回もしていないが・・・私はもうその気になっている。

ただし、何か騙されているのではないか、という疑いも同時に大きくなってきた。
もう何もかもわからない。

こんなに相手の気持ちが読めないのは初めてだが、私も男として負けるわけにはいかないため、なんとか食らいついていった。



連絡をとっているうちに、ついに、東京で接触する日が来た。
品川駅まで迎えにいき、プライベートで初めて会うためこちらもビシっとキメていた。
嬢の私服姿を見ることも初めてだったが、ギャル風の顔立ちだがややお姉さん風の服装で、とても綺麗だ。


初めてのジーマサ嬢とのデートに緊張したが、無難な東京観光を楽しんでいるうちに打ち解けてきた。
晩御飯はおいしい焼き鳥が食べたいとのことなので、リッチおじさんたちにオススメ店を聞きまくり、六本木の良さげなお店を予約した。


とても美味しい食事とお酒を1杯だけ楽しみ、店を出てホテルへ向かう。
あくまでエロい目的ではないため、もちろんビジネスホテルだ。

チェックインを済ませ部屋に入ると、ツインの部屋をとっていたことに気づく。
”さすがにまあ、同じベッドで寝るつもりではないか・・・”


ビジネスホテルだが大浴場があるタイプのホテルだったので、お互いに入浴を済ませてから部屋に戻る。
私は早めに入浴を済ませ、部屋でソワソワしながら待機。


嬢も入浴から帰ってきた時点ですでに23時ごろ。
嬢はすっぴんでもはっきりとした顔立ちはあまり変わらず、綺麗だ。

さて、あとは寝るだけだが・・・ここからが勝負だ。
どういったストーリーで展開していこうか、、ずっと頭の中で考えている・・・緊張が高まる。


同じベッドに腰掛け、まずは会話を続けなごませる。
時をみて私はベッドに入り、誘導する。
自分からガツガツいかないと決めている私は、ベッドの中でも楽しくお話を続けていた。

徐々に抱き寄せていき、密着してみた。
近くで見る嬢の顔にドキドキするが、向こうも嫌なそぶりを見せることはない。


ここで私はSっけが出てきて、こちらからアプローチをかけず向こうからさせてやろうと思った。
直接秘部を触ることなく、まわりをさわさわしながら、抱き寄せてお話していた。

もう雰囲気づくりは完璧。普通の男ならすんなり手を出すところだが、ここからまあまあ長時間さわさわを続けていると、とろーんとした顔で、
「もう、すっごいムラムラする・・」と言ってきた。

”よし、勝った”と、思った。
私はなんの勝負をしているのか全く謎だが、この言葉がトリガーとなり、ここからはスムーズに愛を育んだ。

もうすでに十分すぎるほど潤っており、その後は最高の時間を過ごさせてもらった。
Tバックはもうぐしょぐしょで、脱いでから部屋に干していた。
替えのTも持ってきており、実は準備万端だったようだ。


一通り終わってから、嬢が口を開いた。
「先にこういう関係になって、すぐ終わってしまうのが嫌だった。これからも仲良くしてくれる?」

可愛い子だ。愛くるしい。
私は初対面から恋心を抱いていたが、やっと形になったな、と思った。



次の日はランチをしてから夕方前には帰るとのことで、見送りにいき、「またね」とお別れした。




その後も連絡を続け、1ヶ月後にまた遊ぼうとなった。
次は別の場所へ旅行へ行こう!となり、1泊2日の旅をした。
日中は観光や食事を楽しみ、夜は愛を育み、次の日にお別れ。


この嬢のおかげで1ヶ月に1度だが楽しい時間を過ごし、それ以外は頻繁にLINEで連絡を取る。
ただし”付き合おう”という旨の会話は一度もしたことがなく、言葉にせずともわかりあっているのかな、と思っていた。


楽しい日々がこのまま永遠に続くと思っていた。
こちらから何をせずとも、好きでいてくれると勘違いしていた。



連絡を取り続けていると、とある日、ささいなことで気分を害するような発言をしてしまった。
そこからは何もかもうまくいかず、
「私とは考え方や価値観が違うのかもね・・・」
と言われてしまい、半年間毎日のように連絡をとっていたのに、ぱたっと連絡が来なくなった。


それからもうすぐ一年ほどたとうとしているが、一度も連絡が来ることはない。




ずっと好きでいてくれると勝手に思ってしまっていたのだろうか・・・
その油断により、私の長所である”これでもかと優しくする”ということができなくなっていたのだろう。

そういえば、好きと言われても私から自発的にその2文字を伝えたことはなかった気がする。
たった2文字、簡単なことのはずなのに、なぜ伝えられなかったのだろうか。


”言葉にせずともわかりあえている”と思っていたのは、自分だけだったのだろう。

何もかも伝えすぎるのはよくないかもしれないが、本当に大切なことはやはり言葉にして伝えるべきだ。
この当たり前のようなことを私は見失っていた。
私は本当に愛していた・・・ちゃんと伝えておけばよかった。


それに気づいたときにはもう、遅かった。


以前、友人のQが「心のつながりを欲したとき、様々な代償を負う。それを背負い続ける覚悟ができるのを時間は待ってはくれない」と言っていた。

時間が待ってくれたならば・・・うまくいったのだろうか?
結局、うまくいかない結果だったのかもしれない。
「時間」が待ってくれるならば、賢明な判断ができたことはあるかもしれないが、判断能力が鈍ってしまい間違った結論を提示してしまうことになる場合もあるかもしれない。



限られた「時間」のなかで、そのタイミングに合った「言葉」を相手に伝える。
かなり難しいことだが、これができなければならないのだ。




以上、思い入れがあったので長くなってしまいましたが、これで本件は完結となります。
記事を書くにあたり嬢とのLINEを見返していましたが、楽しかった思い出、そして多くの後悔が蘇ってきました。
もう2度と会うことはないと思いますが、出会えて、同じ時間を過ごすことができて幸せでした。
もしかしたら、私は今でもまだ好きなのかもしれない・・・

ジーマサ、ありがとう。ジーマサ、これからもよろしく。

プロフィール

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事 (サムネイル付)

岡山 某所 メンズエステ Apr 29, 2021
岡山 某所 チャイエス Sep 22, 2020
【番外編】台湾 素人 家族旅行 Sep 05, 2020
【番外編】東京 世田谷 キャバレー 回想 Sep 05, 2020
岡山 某所 メンエス 後編 Aug 30, 2020

カテゴリ別記事一覧

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
36462位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
4358位
サブジャンルランキングを見る>>

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR